知らないなら情報を知る

環境を守る

住宅エコポイントは2009年に導入された制度です。一度終了しましたが2011年に復興支援住宅エコポイントとして復活しました。住宅エコポイントの目的は住宅業界の活性化や住宅の省エネ化の促進などが目的です。復興支援住宅エコポイントはこれらの目的と合わせて新たに東日本大震災の復興も目的に加えられました。 詳細としては省エネなど国の設定した基準をクリアした住宅を新しく建築した際や断熱性能など省エネ化に対応したリフォームを行った場合に対象となる工事ごとに最大30万ポイントがふよされます。1ポイント1円として工事代金に充てたり、専用の商品カタログの中の商品やサービスと交換したり環境保全団体などに寄付したりすることができるものです。復興支援住宅エコポイントでは工事代金に充てることができるのは最大でも付与されたポイントの半分までとなっています。残り半分は復興支援のため被災地で生産された食べ物や被災地の民芸品、被災地で生産された商品などの中から選択し交換する必要があるのです。

リフォームの場合対象となる工事ごとに付与されるポイントが決められています。とはいえ付与されるポイント数は工事代金よりは少ないものとなっています。ポイントをもらうために必要ではない工事をすることは費用の無駄遣いになってしまいます。しかし今後少しでも工事を検討しているのであればポイントが付与される期間に合わせて工事を行うことでお得に工事をすることができるのです。とはいえ工事期間は限られており、この中で工事を行うには事前にある程度計画しておく必要があります。 というのも工事期間終了間際には同様の工事の依頼が殺到します。ですから職人の確保や使用する材料の確保などが難しくなる場合もあるのです。ですから工事期間の中でも極力早めに工事を計画することで品質を確保しつつお得に工事を進めることができるのです。