誰でもできるのか?

ソーラーで自家発電

住宅の価値が購入時をピークに年々右肩下がりとなる近年、住宅ローンを支払えずになくなく住宅を手放す人も少なくありません。そんな時により債務者(お金を借りた人)にとって利益のある住宅の売却方法が任意売却なのです。任意売却は誰でも利用できるわけではありません。住宅ローンなどの返済が滞った場合でかつ債権者(銀行などのお金を貸してくれている会社)の同意がある場合にのみ利用できるものです。 任意売却で売却した際に手に入るお金というのはローンの残高よりも少ないのです。ですからこの費用をローンの返済に充ててもまだローンの残高は残っています。この残った金額については減額してもらったり、月々の返済額を抑えてその後も返し続けるということになります。銀行などの金融機関としてもリスクのあることなので任意売却はこうした金融機関の同意が必要になるのです。

任意売却を競売と比較した際のメリットとして近隣住民に知られずに住宅が売却できるということがあります。というのも競売の場合公に競売物件として情報が開示されます。場合によっては周辺住民への聞き込みなどが行われるケースもあり周辺住民に競売にかけられたということが知られてしまいます。一方で任意売却の場合こうした聞き取りはなく周辺の人から見ればただ引っ越しをしたとしか映らないので住み慣れた地域に住むことも可能なのです。 更に任意売却の場合住んでいる人の意思が売却に反映されるのでそのままその家に住み続けることも出来るのです。そのまま住み続けるというのは親族や投資家に売却し家賃として支払うなどの対策を取ることができるのです。